低体重に向き合うために

子供がすくすくと成長していく姿は母親にとって嬉しいことですが、中にはなかなか思い通りの成長になってくれないお子さんもいらっしゃいます。

そのひとつが体重増加で、本来子供は生まれてからどんどん体重が増加して大人に近づいていくものですが、ちょっとした問題によって体重が思うように増えないこともあります。 そこで、適正体重にするために気をつけるべきポイントについて考えてみたいと思います。

他の子供に比べて体重が少ない場合は、母親はとにかく気になってしまうものですが、許容範囲というものもあります。
そもそも子供の成長の仕方は一定の基準こそありますが、人それぞれ個人差があって、子供によっては体重が他のお子さんに比べて少ないことも考えられるのです。

そのため、必要以上に比べないということも重要になってきて、あまりに親が他の子供と自分の子供を比べてしまうと、その不安感が子供に移ってしまうのです。 さらに、健康を著しく損なうような低体重ならば問題なのですが、基本的に健康に異常がないのならば、ある程度大らかに見ていくことも重要になってくるのではないでしょうか。

このようなことから子供の体重が十分に増えない場合の対処法は、まずは様子を見るということになります。

一時期は低体重であっても、そのうち好みなく色々なものを食べるようになったりする例も見受けられるため、待つということが重要になってくるのです。 まずは大らかな気持ちを持って低体重と向き合ってみてはいかがでしょう。