子供の風邪について

大人は風邪をひいてもそれほど大事になるということはありませんが、子供の場合は少し勝手が違ってきます。

まだまだ体が出来上がっていませんので、ちょっとした症状が悪化してしまうこともあるので風邪には十分に注意しましょう。 特に素人判断であれこれと決めつけてしまうのが一番危ないので、しっかりとした知識を持って風邪を対処する共に赤ちゃんの風邪予防に努めましょう。

赤ちゃんの風邪を防ぐためには、体温調節をしっかりとする必要があって、そのためのポイントは重ね着になってきます。
重ね着はその枚数で体温調節が容易なので、お母さんが上手く調節してあげることによって、子供が寒いと感じたり、暑いと感じたりすることがないようにしてあげてください。

また、大人と同じように室温に注意することも大切になってきて、エアコンの温度設定を赤ちゃんに合わせて調節してみましょう。
さらに帽子や手袋、マフラーなどは体温調節のためには有効なので、末端の体温調節のために利用するとよいです。

さらに、実際に風邪をひいてしまった場合は、汗をどんどんかきますので、汗をかいたらすぐに着替えをさせてあげましょう。
また、熱が出ていないような時は体を温めてあげることも大切になってきますので、首の後ろを重点的に温めて、体温を保つようにしてください。

このように大人以上に神経質になる必要があるのが子供の風邪なので、大事になる前になんとか対処してあげたいものです。